《一般・知事許可が99,950円~》東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に関東全域対応。スピードと安心感が違います。
建設業法の知識
  • HOME »
  • 建設業法の知識 »
  • 月別アーカイブ: 2015年8月

月別アーカイブ: 2015年8月

建設業許可の経営業務の管理責任者を証明する確認資料一覧

この記事の結論と要約 建設業の許可要件である経営業務の管理責任者の証明書類についてまとめています。役所は申請書に添付された確認書類で本当に要件を満たせているかを確認します。これから初めて許可を取ろうとする人は、工事に関係 …

そもそも建設業許可がなぜ必要なのか。その理由

この記事の結論と要約 建設業許可という制度に関して疑問を持ったことはありませんか。制度が必要なんだと思って受け入れることは何ら悪いことではないですが、制度の目的を知ることでより前向きに捉えられるのではないでしょうか。建設 …

建設業許可の更新!絶対に気を付けるポイントとは

この記事の結論と要約 建設業の許可には有効期限があります。有効期限の30日前までに更新手続きを終えることが求められています。二ヶ月前くらいには更新の手続きを始めましょう、もし有効期限内に手続きが間に合わないと新規申請に該 …

雇用保険の対象者は誰?個人事業主なら加入義務はない?

この記事の結論と要約 社会保険の1つである雇用保険についてまとめています。原則、アルバイトでも人を1人雇用すれば雇用保険の加入義務が生じます。しかしどんな人でも加入義務があるわけではないです。また建設業は二元適用事業所と …

建設業の社会保険加入の指導に従わない場合どうなる?

この記事の結論と要約 社会保険に加入しなくてはいけないと思っているが、あまり気が進まない事業所様向けの記事です。社会保険に加入しなかった場合の、行政の加入指導の流れをまとめています。国は加入義務のある事業所の社会保険加入 …

絶対に損しないために知っておくべき建設業許可の手数料

この記事の結論と要約 建設業許可を取得するために必要な法定手数料についてまとめています。許可には様々なパターンがあり、パターンにより手数料が異なります。また誤った手続きをすると手数料が余分にかかってしまういます。まずご自 …

建設業の許可要件である営業所における技術者の専任性とは

この記事の結論と要約 専任技術者は営業所ごとに専任でなくてはいけません。この言葉の意味を具体例を交えて説明しています。また基本的に許可事業所は工事現場には技術者を配置する必要がありますが、専任技術者は営業所に常駐すること …

建設業の個人事業主と法人の大きな違いは何?そのメリット

この記事の結論と要約 個人事業主でも法人でも建設業許可は取得出来ます。しかし、個人より法人の方が有利な点があります。特に事業を承継させたい場合は手続き上有利な点があります。記事のまとめには法人化えお考えている方向けの記事 …

解体工事業の許可をとるための要件は?特例措置についてまとめ

この記事の結論と要約 平成28年6月から新たに追加される解体工事。平成33年3月まで経過措置がとられます。とび・土工の許可を既にうけている場合は平成31年6月までは今まで通り1件500万円以上の解体工事を請け負えます。こ …

建設業の許可要件の『財産的基礎を有すること』とは?

この記事の結論と要約 建設業許可の財産要件をまとめています。一般か特定により財産要件は異なります。一般は自己資本の額が500万円以上、特定は4000万円以上となっています。しかし自己資本の要件を満たしていれば当然に財産要 …

Page 1 / 212

サイト内検索

上田貴俊行政書士事務所
東京都港区赤坂9丁目1−7
電話番号:03-6796-3064
営業時間:9:00~18:00 年中無休

東京都行政書士会所属 上田貴俊

東京都行政書士会所属 上田貴俊
建設業許可はお任せください!
建設業許可代行ステーションにようこそいらっしゃいました。当サイトは建設業許可専門行政書士の上田貴俊の事務所のウェブサイトです。建設業の許可を取ろうとしている建設業者様に役に立つ情報を発信していきます。是非ご参考にしてください。

・許可は取りたいが書類作成は面倒だ

 

・建設業許可をとって社会的な信用を上げたい

 

・なるべく早く許可を取りたい


等の場合にはぜひご相談ください。

ウィジェット2

ウィジェット2

建設業許可のお役立ち情報

Copyright © 上田貴俊行政書士事務所 All Rights Reserved.