建設業許可制度をこれから調べる人向けの記事はこちら!
建設業の許可の概要を超初心者向けにまとめています。 初めて許可を取得する方はぜひ一度ご覧ください。

95_1

この記事の結論と要約
建設業許可に関連する混同しがちな用語を解説しています。拒否や取消、却下など似た言葉ですが意味が全く違います。このページで違いを理解しましょう。

建設業の許可を取得したいあなたにとって許可が取れないことは当然避けたいですよね。

冒頭から何を当たり前のことを言っているんだと思われたでしょうが、みなさん許可に関連する言葉はご存知でしょうか。特に許可の取消や却下などなんとなく同じ意味だと思っていませんか。

この2つの言葉の意味は全然違います。

例えば『拒否された』と『取下げられた』はどう違うのでしょうか。

拒否も取消も嫌な言葉ですよね。いずれにせよ許可が取れなそうな言葉ですよね。両者ともネガティブという点は共通しますが、意味は違います。

このように許可取得と直接関係はありませんが許可に関連する言葉を知っておいて損はないでしょう。

この記事を読むことで許可申請の拒否、却下・取消、取下げの言葉の違いを知ることが出来ます。

拒否とは

上の例であげた拒否ですが申請書類に不備があるから訂正してくださいとほとんど同じ意味です。

形式上、申請書類が整っていれば受付が拒否されることはあり得ません。公務員は理由もなく申請の受理を拒否することは出来ないからです。

拒否された場合は、こちらに何かしらの落ち度があったと考えられます。

もちろんその落ち度も、具体的にどこが悪いか指摘されます。そこを補正すれば受付を拒否されないでしょう。

それでも拒否された場合は、申請者はこちらの言い分を言う機会が与えられます。これを聴聞(ちょうもん)といいます。

あまりないですが補正後も受付を拒否されれば、なぜ拒否したのか理由を付した通知書が送付されます。

少なくとも理由もなく受付を拒否することは公務員は出来ないので理由を聞いて従いましょう。許可 取消

却下とは

『却下』とは申請を受理して審査した結果、許可基準が満たされておらず許可を与えられないという処分のことです。新規申請者に対する行政行為です。

取消とは

『取消』とは申請した時点では許可基準を満たしていたが、許可後に基準を満たしていないことが判明した時点で下す処分になります。既存の許可業者に対する行政行為です。

取消は行政処分上の不利益処分に該当しますので、必ず取消理由が申請者に通知されます。理由もなく取消されることはあり得ませんのでご安心ください。

東京都は申請書を提出する前に相談窓口にて内容を確認してもらうことが一般的です。

cf,取消はさらに2種類に別れます。詳しくはこちらの『しっかり判別したい2種類の建設業許可の取消』をご覧ください

取下げとは

取下げとは申請者が審査の中断を申し出ることによる行政処分です。

問題なく書類を申請したが、審査期間中に問題が生じたため審査の中断を求めることです。

途中で審査をやめるように申し出ることなんてある?と思いましたか。

よくある理由としては、申請書の受理後に経管が欠格要件に該当して許可要件を満たせなくなった場合が挙げられます。

アイコン-チェック・拒否→窓口にて申請書の訂正指示処分。理由もなく受付拒否は出来ない
・却下→申請書の審査結果、要件を満たせてなかった際の処分。新規業者向け
・取消→許可取得後に、基準を満たせなくなった場合の処分。既存業者向け
・取下げ→申請書の都合による、審査中断の申込

 

まとめ

まとめると

・拒否、却下、取消は行政側の判断で行う行政処分
・取下げは申請者の申し出による処分

拒否、却下・取消は申請者の立場に立てば不利益処分です。許可が取消された場合、申請者には必ず取消処分に対して言い分を伝えられます。この言い分の機会を聴聞といいます。

cf.大臣の許可申請をして却下・取下げの処分を受けた場合、登録免許税は還付さます。ただし所定の手続き(還付願の提出)をした場合です。

それに対し知事の許可申請の手数料は返戻されません。大

建設業許可の取得を考えているお客様へ

 

建設業の許可を取得したいけど自分で用意しようとすると色々面倒くさいなぁ。とお考えではないでしょうか?

実際にその通りで建設業の申請は用意する書類が膨大で1つでも不足すると役所は受理してくれません。

また決算届など許可後も継続的に書類の提出が求められます。不慣れなことをして必要以上に労力とストレスを感じることはとてももったいないことです。

そんなときは建設業許可専門の行政書士にお任せください。迅速・確実に許可を取得して継続的にお客様の事業発展、売上アップに貢献できるようにサポートさせていただきます。

・「元請から許可を取得しろと言われた。」

・「うちの会社は建設業許可が取れるか、まずは調べたい。」

・「公共事業に入札参加したい。」

・「なるべく早く安く許可を取得して欲しい。」

・「社会的な信頼度を上げて融資に有利になりたい。」

これらは私が担当したお客様から実際にいただいた相談であり、全て許可が取れたケースです。

当事務所では、こういったお声や経験を基に建設業許可を徹底的に調べあげお客様には最小限の事務手続きで負担をかけることなく許可を取得することに成功しています。何の心配もなく本業に専念してください。

また許可取得後も末永くお付き合い出来るような信頼関係を築いていたいと思っております。分からないことあれば気軽にご相談ください。

 

 
当サイト監修

行政書士として建設業許可を中心に年間100件の相談を受ける。

特に建設業許可の申請手続きは開業から一貫して取り組み許可取得後のコンサルタントまで幅広く活動。

上田貴俊行政書士事務所

東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534

電話番号 03-6796-3064