《一般・知事許可が99,950円~》東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を中心に関東全域対応。スピードと安心感が違います。
建設業法の知識
  • HOME »
  • 建設業法の知識 »
  • 建設業許可の基本の基本

建設業許可の基本の基本

建設業でよく聞くケイシンとは何のこと?

この記事の結論と要約 ケイシンという言葉を全く知らない方向けに書いた記事です。ケイシンとは経営事項審査の略語で公共工事を受注するために必要な手続きです。概要を知りたい方は記事でご確認下さい。 建設業に従事する方はケイシン …

建設工事に該当しない業務の例示。建設業の許可は不要

この記事の結論と要約 建設業を営んでいると色んな工事を施工しますが、実務経験として認められない工事があります。請負工事に付随する業務や、保守や取付けなどは建設業の工事に該当しません。他にも代表的な建設工事に該当しない工事 …

知事許可・大臣許可は何日で許可取れる?その審査期間

この記事の結論と要約 許可取得までの期間とそれに付随する手続きをまとめました。知事許可の審査期間が30~60日、大臣許可の審査期間が120日程度です。2分程度で読めますので、許可の概要を知るに適した記事となっています。 …

建設業許可申請の拒否、却下・取消、取下げの違い

この記事の結論と要約 建設業許可に関連する混同しがちな用語を解説しています。拒否や取消、却下など似た言葉ですが意味が全く違います。このページで違いを理解しましょう。 建設業の許可を取得したいあなたにとって許可が取れないこ …

建設業の許可|自社が取得すべき業種を選ぶ3つのポイント

この記事の結論と要約 建設業の許可の業種は全部で29種類ありますが、なるべく多くの業種の許可を取ることが重要というわけではありません。自自社で施工してきた主な工事がどの業種に該当するかが大事です。主な工事の許可を取得すれ …

建設業許可の更新!絶対に気を付けるポイントとは

この記事の結論と要約 建設業の許可には有効期限があります。有効期限の30日前までに更新手続きを終えることが求められています。二ヶ月前くらいには更新の手続きを始めましょう、もし有効期限内に手続きが間に合わないと新規申請に該 …

建設業の許可要件の『財産的基礎を有すること』とは?

この記事の結論と要約 建設業許可の財産要件をまとめています。一般か特定により財産要件は異なります。一般は自己資本の額が500万円以上、特定は4000万円以上となっています。しかし自己資本の要件を満たしていれば当然に財産要 …

建設業の許可要件の誠実性を具体的に分かりやすく

この記事の結論と要約 建設業の許可要件に誠実性の要件があります。誠実性の要件は簡単に言うと不誠実な行為をしないということです。契約違反はしません。工期も守ります。普通の感覚さえ持っていれば要件は満たせます。宣誓的な意味合 …

建設業許可の「知事許可」と「大臣許可」の違いは何?

この記事の結論と要約 建設業許可は事業所が同一都道府県内にのみ存在するか、2つ以上の都道府県に存在するかで取るべき許可が異なります。営業所が一ヶ所のみであれば知事許可。事業所が2ヶ所以上あり、2つ以上の都道府県にある場合 …

個人事業主でも建設業の許可は取得出来る?法人化の注意点

この記事の結論と要約 個人事業主でも建設業の許可は取得できます。法人と許可の要件が異なることはありません。一定以上の金額の工事を受注するためには許可が必要です。ただ許可をうけた後に法人化した場合、個人事業主としての許可は …

Page 1 / 212

サイト内検索

上田貴俊行政書士事務所
東京都港区赤坂9丁目1−7
電話番号:03-6796-3064
営業時間:9:00~18:00 年中無休

東京都行政書士会所属 上田貴俊

東京都行政書士会所属 上田貴俊
建設業許可はお任せください!
建設業許可代行ステーションにようこそいらっしゃいました。当サイトは建設業許可専門行政書士の上田貴俊の事務所のウェブサイトです。建設業の許可を取ろうとしている建設業者様に役に立つ情報を発信していきます。是非ご参考にしてください。

・許可は取りたいが書類作成は面倒だ

 

・建設業許可をとって社会的な信用を上げたい

 

・なるべく早く許可を取りたい


等の場合にはぜひご相談ください。

ウィジェット2

ウィジェット2

建設業許可のお役立ち情報

Copyright © 上田貴俊行政書士事務所 All Rights Reserved.