建設業許可制度をこれから調べる人向けの記事はこちら!
建設業の許可の概要を超初心者向けにまとめています。 初めて許可を取得する方はぜひ一度ご覧ください。

建設業 添付書類

この記事の結論と要約
建設業許可の申請書に添付する証明書類についてまとめています。自分でなく他者に頼んで証明書を集めようとする場合委任状で発行できるかについても確認が出来ます。手続きの方法を知り短期で申請書を提出しましょう。

建設業許可の申請書には公的な機関が発行する書類を添付して提出しなくてはいけません。

人によっては今まで見たことも聞いたこともない書類を集める作業になります。要件が整っていても必要書類を迅速に集められないとその分、申請書の提出が遅くなり許可取得まで時間がかかります。

この記事を読むことで申請書に添付する証明書と、その証明書がどの機関で発行されるかを確認することが出来ます。

建設業許可に必要な書類まとめ

申請書に添付する書類は次の通りです。

◆申請書に添付する書類一覧


・印鑑証明書

・住民票

・身分証明書

・登記事項証明書

・登記されていないことの証明書

・納税証明書

それぞれ公的な機関で書類が発行されるものです。どの機関で発行されるのか確認しましょう。

市役所で発行するもの

・印鑑証明書

実務経験を自分で証明する場合に必要です。印鑑カードを借りれば誰でも発行出来ます。

・住民票

経営業務の管理責任者と専任技術者の分が必要です。行政書士であれば職務上請求書で発行出来ます。

本籍地を管轄する市役所で発行するもの

・身分証明書

役員全員分、必要です。本籍地が分からないと発行出来ません。本籍地が分からない場合は住民票を発行して確認しましょう。

法務局で発行するもの

・登記事項証明書

法人が許可を取得する場合に必要です。事業目的、本店所在地、役員の任用期間、資本金額等が確認されます。法人番号があれば誰でも発行出来ます。

・登記されていないことの証明書

役員や株主、政令3条の使用人が成年被後見人でないことの証明に使用します。本人からの委任状が原本で必要です。

都道府県税事務所で発行するもの

・納税証明書

事業を本当にしていたかを確認されます。公共工事の入札に参加したい場合は納税はしっかりしておかなくては入札出来ないことが多いです。

法人であれば法人の実印の委任状が必要です。

書類は以上です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

書類を集めるのは意外と骨が折れます。この記事であげた以外にも必要に応じて集めるべき書類があります。

上記の確認書類は行政書士や自分以外の人でも代行して収集出来るものです。ただし発行機関が役所なので平日の9時~17時頃までしか取り扱っていません。

本業で忙しい場合は委任状を書いて他人に書類の収集を任せることも有効な手段と言えます。

建設業許可の取得を考えているお客様へ

 

建設業の許可を取得したいけど自分で用意しようとすると色々面倒くさいなぁ。とお考えではないでしょうか?

実際にその通りで建設業の申請は用意する書類が膨大で1つでも不足すると役所は受理してくれません。

また決算届など許可後も継続的に書類の提出が求められます。不慣れなことをして必要以上に労力とストレスを感じることはとてももったいないことです。

そんなときは建設業許可専門の行政書士にお任せください。迅速・確実に許可を取得して継続的にお客様の事業発展、売上アップに貢献できるようにサポートさせていただきます。

・「元請から許可を取得しろと言われた。」

・「うちの会社は建設業許可が取れるか、まずは調べたい。」

・「公共事業に入札参加したい。」

・「なるべく早く安く許可を取得して欲しい。」

・「社会的な信頼度を上げて融資に有利になりたい。」

これらは私が担当したお客様から実際にいただいた相談であり、全て許可が取れたケースです。

当事務所では、こういったお声や経験を基に建設業許可を徹底的に調べあげお客様には最小限の事務手続きで負担をかけることなく許可を取得することに成功しています。何の心配もなく本業に専念してください。

また許可取得後も末永くお付き合い出来るような信頼関係を築いていたいと思っております。分からないことあれば気軽にご相談ください。

 

 
当サイト監修

行政書士として建設業許可を中心に年間100件の相談を受ける。

特に建設業許可の申請手続きは開業から一貫して取り組み許可取得後のコンサルタントまで幅広く活動。

上田貴俊行政書士事務所

東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル534

電話番号 03-6796-3064